ブログ

79

JF3/4 N-BOXカスタムのテールランプをご紹介したところ、お二人のお客様から
別仕様のオーダーをいただきましたので比較画像を撮影しました。



奥はシーケンシャルウインカーを組み込んだベーシックな加工です。
クリアテールが好きな方にはこちらがおすすめです。

手前はさらにスモール部分に色を入れたデモカーと同じ仕様ですが、色の濃さを調整して
消灯時の色合いとLEDの明るさを両立しています。
テールランプの分解は必要になりますが、レンズ自体に塗装するよりも立体感が出るのでおすすめです。
LEDはそのままで塗装だけ行うという加工も仕上がりが自然で良さそうです。

シーケンシャルウインカーの動画です。
ご希望の方にはウインカーを通常点滅に戻すこともできる純正復帰機能をお付けすることもできます。
※レンズ塗装の濃さは今回の物よりもやや濃いめです





ご依頼に追われて新商品開発の手が止まっていましたが、これで一息なので再開します。
リクエストもお待ちしてます!
N-BOXカスタムのテールランプが完成しました。
ヘッドライトに採用されているシーケンシャルウインカーを中心に考え、
ウインカー部分の延長とバックランプ移設・短縮のシンプルな加工です。




スモール時に点灯する場所に挿し色としてキャンディーレッドを塗装しました。
消灯時に色があると車両にメリハリが出ますね。



今回をデザインをベースに更に手を加えたテールランプの加工も承ります。
また、お客様のアイデアで全く違うものをお作りすることもできます。
加工用テールランプの購入手段がない方には当店がご用意します。
お気軽にご相談ください。
新型N-BOXカスタム用のラゲッジランプを発売しました。
目標通りの「とにかく明るい」追加パーツです。
ルームランプ連動ですが、内蔵スイッチで消すこともできるので
不要な場合でも邪魔になりません。

子どもの塾やスポーツの送迎で夜に車を使う方、日没後の買い物が多い方、
様々なシチュエーションで活躍します。





カスタムではない方にも取り付けできますが、パネル色が異なりますので
こちらをご希望の方はご相談ください。

その他、先日ご紹介したシーケンシャルドアミラーウインカーと
ウェルカムランプも同時発売です。
すべて少量ですが即納できます。

残る「流れていないウインカー」はテールランプのみです。
こちらも軽めの加工ですが試作品が間もなく完成します。
試作品をご覧いただき、ご希望のレイアウトでの作成をご相談ください。
昨日は台風が通過したばかりの岡山で開催された「KING OF K-CAR Vol.11 / K-STYLE CUP Vol.4」に参加してきました。
台風の進路や通過タイミングを見極めて1日延期を決断した主催者の方たちの思いが通じたのか
真夏のような快晴の空の下、今年も盛り上がりを見せていました。

参加したごんた屋ブースではLEDパーツや超音波カッター、LEDMATICS製品などを特別価格で販売、
LED加工の相談をされる方もおられました。



ワゴンRのヘッドライトとテールランプはごんた屋てんちょうが作成しました。
ワンピースリフレクターとカラーアクリルの組み合わせは消灯時も目を引きます。









展示していた新商品のミニのぼりの仕上がりも上々です。
各社で順次販売を開始します。
販売ページはこちら




ナンバー灯も発売した新型N-BOX用のLEDパーツは引き続き開発を進めます。
フォグランプのデイライト化キット、ウェルカムランプ各種あたりが次の候補です。
入荷しているテールランプの加工も並行して進めます。

ドアミラーウインカーは少量ですが即納できる状態になっています。
・レンズ本体:「お取り寄せ」
・ウインカー流星加工(シーケンシャル):必要(純正復帰なし)
をご選択ください。
販売ページはこちら
JF3/4新型N-BOX/カスタム用のシーケンシャルLEDドアミラーウインカーの検証が終わりましたので
先行予約の受付を開始しました。





流星ユニットは防水処理を行いましたので、ミラー内部にそのまま設置いただけます。
製品はカプラーオンですのでドアミラーのカバーを外すことが出来る方なら非常に簡単です。
説明書も付属していますのでDIYが得意な方はぜひご自身での取り付けにも挑戦してみてください。

動画で純正ヘッドライトのスピードと一致していることをご確認いただけます。







ただいま先行予約特価になっています。
1~2週間程度でのお届けになります。
販売ページはこちら


カスタム用を先行して販売していた純正加工LEDリフレクターのN-BOX用も発売しました。
こちらは在庫があるので即納できます。
販売ページはこちら

昨日3度目の講師をしてきました。
作業を伝えることは少しずつ慣れてきましたが、相変わらず急に振られるとしゃべれない(笑)
アドリブ力を磨かないといけません。

始りのあいさつからスタート



基板の取り付け前に最終チェック

面倒でもあとから修理をすることを考えたら楽なものです。
てんちょうの補強指導を交えながら万全の状態にします。



基板の固定方法を説明

何かあっても外せるように、でも車に付けても外れないように。
接着剤のクセを見ながら作業を進めます。





塗装がはがれないように気を使うことも大切です。



完成イメージを見て笑顔、じゃないですがみんなで満足そうに撮影していました。



このあとテールランプの閉じ作業を行い翌週へ持ち越しになりました。
ヘッドライトを仕上げたら2週間後には車両へ取り付けです。
あと少しがんばれ!
本日は岡山科学技術専門学校で講師の為、お休みをいただきます。
今回はいよいよヘッドライトとテールランプの閉じ作業です。
生徒の皆さんが作り上げたパーツを見るのを楽しみに今から行ってきます。

「KING OF K-CAR Vol.11 / K-STYLE CUP Vol.4」のため週末も再び岡山入りの予定です。
会場ではLED加工のご依頼、自作加工のご相談もできます。
ごんた屋合同ブースにいますのでぜひご来場際はお立ち寄りください。

LEDMATICS製の新型のN-BOX用LEDパーツ各種、テール全灯化ハーネスの販売も予定しています。
N-BOXは納車前の方もまだまだ多いと思いますが、先にLEDパーツを購入しておいて
納車時に取り付けてしまうのも良いですね。



画像は試作中のN-BOX用ラゲッジランプです。
せっかく増設するなら「とにかく明るい!」を目指して設計中です。
画像のピントがびっくりするくらい合っていないのはご愛嬌で(笑)
多数の加工をご依頼いただいている方から最後の?外装パーツ加工のご依頼です。
ドアミラーウインカーとセットでご依頼いただきました。







ウインカー部分は面発光加工を行いました。
ポジション時に白色、ウインカー時に黄色が点灯します。
ウインカーは流星ユニットを組み込んだ流れる仕様です。

Hi側にはお客様がご自身で取り付けたプロジェクターレンズが入っています。
こことLoの計6か所に面発光のリングを取り付けました。

純正ポジションユニットは色味と明るさを合わせるためにLEDを取り外し
基板の新設とレンズの拡散塗装を行いました。

使用しているLEDは、高さの制約があるリングを含めすべて鉄兜です。


本日発売の新型N-BOXカスタムがデモカーとして納車されました。
すでにほとんどの場所がLED化されていて電球は見たところナンバー灯だけです。
ちょっと惜しいな、と思います(笑)

LED関連の製品を開発していきますのでご期待ください。

まずはLEDリフレクターと各種ハーネスから発売します。

●LEDリフレクター

カスタム用は本日発売しました。
N-BOX用は今月中の発売を予定しています。





●テール電源取り出しハーネス

リフレクターとテールの接続などにご利用ください。
ホンダセンシング「あり」と「なし」でカプラーが異なりますので
お間違いのないようご注意ください。





●テール全灯化ハーネス

N-BOX用とN-BOXカスタム用があります。
また、ホンダセンシング「あり」と「なし」もあります。







モニターのお客様にご協力いただきシャトル用のテール全灯化ハーネスを発売しました。

ゲート側のテールが光るのはハイブリッドのみですのでガソリン車は非対応になります。
ガソリン車にお乗りの方でテール全灯化ハーネスの購入をご希望の方がおられましたら
ボディ側のテールに使用するハーネスのみをご用意します。

販売ページ















テール電源取り出しハーネスも発売しました。
LEDリフレクターの取り付けなどにご利用ください。

販売ページ


製品紹介ページをご覧になった方からご依頼をいただきました。
今回はデイライトLEDの白に少し青を混ぜた仕様です。

流星ウインカーを通常の「点滅」に戻す復帰スイッチ付ですので
簡単に点灯パターンを変えることもできます。



デイライト



ウインカー



混色部分をアップで見るとこのような色合いです。






お休み中は電話対応が出来ず、ご迷惑をおかけしました。
たっぷり休暇をいただき本日より作業再開です。

こちらはE52エルグランドの前期ヘッドライトを加工する際に便利な「LED加工用インナートリム」です。
長方形型の基板作業面でLED加工が簡単に行えます。
ゲルコート仕上げのFRPで塗装、基板の作成のみも承ります。



ブログ「E52 エルグランド 前期 ヘッドライト LED加工」

販売ページ

おすすめはヘッドライトの全幅を使用した「流星ウインカー」です。
今まで興味がなかった方から純正採用で改めて注目したというお声もいただきます。





純正ヘッドライトの中のメッキを活かした加工をしたい方には「金属調塗装」が人気です。
一般的なメッキとは違う落ち着いた質感が非常にきれいです。
凹凸の多い場所で良い表情が出ます。

GP5/6 GK3~6 フィット用テール全灯化ハーネスを発売しました。
前期用で後期への適合は未確認です。











フィット用ハーネスを他にも3点発売しました。

・テール電源取り出しハーネス
おなじみのリフレクター用ハーネスです。
http://ledmatics.ocnk.net/product/2011

・LEDリッドライト移植用ハーネス
標準グレード用テールの車両に1.5/ハイブリッド用テールを取り付ける際に
配線加工が不要になるハーネスです。
http://ledmatics.ocnk.net/product/2013

・社外テール接続用ハーネス
配線が切りっぱなしの社外テールを車両に取り付けると外す際に非常に面倒です。
事前にカプラーオン加工を行っていただけるカプラーセットです。
http://ledmatics.ocnk.net/product/2012
AXVH70新型カムリ用LEDリフレクターを発売しました。
オーリス後期と形が似ていますがカムリ専用形状のようです。

商品ページはこちら
http://ledmatics.ocnk.net/product/2008



モニターとしてご来店いただける方からご連絡が入りましたら
テール全灯化ハーネスも開発予定です。


C-HRのオプションLEDテールを購入時に選択肢損ねてしまったから「一度はあきらめたけど
やっぱり取り付けたい」というお話を時々耳にします。
ディーラーでテールランプを買ってもゲート側テールのカプラー形状が一致しないため
配線加工をしなければ取り付けることができません。
ということで変換用ハーネスをご用意しました。
これでバックランプカプラーの変換とナンバー灯からのスモール電源分岐が行えます。
※ボディ側のテールランプはカプラーオンで交換ができます
※ウインカーはハイフラになるので別途対応が必要です

商品ページはこちら
http://ledmatics.ocnk.net/product/2009
HRR用テールランプの加工をご依頼いただきました。
国内用のウインカーとして使用出来る「黄色」がなかったため
バックランプを移設してウインカー用LEDを取り付けました。

LEDは少ない数でも正面の明るさが確保できるキャノンボールを使用しています。

今回はLEDの位置合わせの為に、アクリルでベースを作っています。
細かいところですが、ネジ穴もトレースしているのでしっかりと固定できます。
アクリルに直接LEDを差し込んで空中ハンダは接触不良の原因になるので行いません。







ウインカーが赤色に光る国外用テールランプの打ち替えは他車種でも承ります。
ぜひご相談ください。

●お休みのご案内
明日は臨時休業の為、お問い合わせへの対応ができません。
早朝までにいただいたご注文商品は当日出荷致します。
E52 エルグランド 前期 ヘッドライト LED加工

上部に純正トリムとのバランスを考慮した「金属調塗装オリジナルインナートリム」を設置しました。
・流星機能付きLEDウインカー(シーケンシャル)
・デイライト機能付きポジションLEDライン
・ポジション用LEDリング











デイライト信号はLED加工を行ったデイタイムランプから取り出せるよう加工しました。



オリジナルのインナートリムです。
ゲルコート仕上げの製品も発売予定です。










スバルXV用のLEDリフレクターをリニューアルしました。
従来のブレーキ/スモール機能だけでなく、純正バックフォグ機能も使用できます。
バックフォグ機能が優先される回路を内蔵しており、バックフォグのスイッチを
ONにすると右側が強点灯・左側のすべてがOFFになります。

ブレーキ



スモール



バックフォグ



優先機能が動作する様子をご覧いただける動画をご用意しました。
アイコンがイマイチですがご覧ください。


少し間になりますがRX-8のハイマウントの加工をご依頼いただきました。
純正感を損なわないようにリフレクターを使用しました。
内部の赤色レンズを取り外しクリア化も行っています。





今月マイナーチェンジを行ったZRR80ノア/エスクァイアのテール全灯化ハーネスを発売しました。

純正は、スモール時に縦型のライン状LED、ブレーキ時にLED10個が光ります。
そこにハーネスを取り付けるとブレーキ時にすべてのLEDが点灯するようになります。











ウインカー・バックランプは後期も電球のままでした。
ウインカーはスモールラインの奥にあるので、LEDバルブを使用する際は
しっかりと光が広がるタイプを使わないと暗く見えてしまいそうです。
ムラが気になる方には加工がおすすめですね。

後期になって、ドアロックの「予約」が出来るように改善されたようです。
スライドドアが閉まっていく途中に前列ドアのロックボタンを触っておくと
スライドドアが閉じると同時に車両がロックされます。
急いでいるときに便利な機能ですが、心配性なので結局気になって閉まるまで見届けてしまいそうです(笑)